Home    【Facebook】加齢や光老化による酸化劣化と水素治療

Home フォーラム ✩Facebook引用 【Facebook】加齢や光老化による酸化劣化と水素治療

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 年、 4 ヶ月前 臨床水素治療研究会 事務局 さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3920

    引用:2012年8月6日/Facebook【医療法人社団医献会 辻クリニック】

    加齢や光老化(紫外線老化)による皮膚の老化反応はコラーゲンやケラチンといった「皮膚構成タンパク質」の酸化劣化とそれらを作り出す「繊維芽細胞やケラチン生成細胞の酸化劣化」が大きな原因であることは間違いない。

    皮膚の老化制御(改善)を目的とする場合、女性が気になるのは『どのくらいで効果がでるのか?』であろう

    この論文はUVによる光老化に対し、水素水入浴を行い
    *コラーゲンおよび繊維芽細胞(コラーゲン産生細胞)
    *ケラチンおよびケラチン産生細胞
    の変化をみている。

    10人の被験者の「しわの改善状態」を調べたところ、90日後に6名の被験者のしわが大きく改善した。

    皮膚は日頃から紫外線を浴び、大気中の化学物質に暴露され、24時間劣化促進因子に触れているといっても過言ではない。
    よって「皮膚老化の改善」とは『劣化スピードVS改善スピード」ということであり、劣化スピードはその人の生活要因が大きく関わることとなる。

    皆さんが今目にしている皮膚は「最も表層にある角質の状態」であり、これは1ヶ月前に作られた皮膚である。
    真の皮膚老化改善とは
    *皮膚を構成する細胞の改善
    *それが作り出す組織の改善
    を伴わなくてはならないとなれば、当然時間がかかる。

    「使ってすぐに効果を感じる」というのは一種の「まやかし」であり、本質的な皮膚改善を伴っているわけではない。(そんなすぐに劣化したタンパクが修復したり、細胞が改善することはあり得ない)

    長期にわたる劣化を本質的に改善するためには、普通に考えても時間はかかるが、90日(3ヶ月)という日数はけして長い日数ではないであろう。

    PubMed comprises more than 21 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to full-text content from PubMed Central and publisher web sites.
    NCBI.NLM.NIH.GOV
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。