Home    経産省、水素の利用拡大へ工程表改定 五輪までに供給施設を無人運営

経済産業省は12日、次世代エネルギーとして期待される水素の利用拡大に向けた工程表を3年ぶりに改定した。2020年の東京五輪までに、燃料電池車(FCV)に水素を供給する施設「水素ステーション」を遠隔監視で無人で運営できるようにする。

関連記事

返信する