Home    もしかして、他にも悪玉活性酸素が 影響している病気はあるのですか?

あります。

2007年に太田成男先生の水素に関する論文がネイチャーメディシンという世界的権威ある学術誌で発表されて以降、全世界で水素に関する研究、及び臨床研究が異例のスピードで行われおります。

その結果、悪玉活性酸素が人体のほぼ全ての器官の病気の原因、及び進行に影響している事が分かってきています。

また、水素が病気の発病と進行を抑える効果が高い事が実証されてきているのです。

研究者自身が臨床結果が良い結果過ぎて、信じられず、繰り返し臨床試験を行うほどです。

関連記事

返信する

Your email address will not be published.