Home    抗酸化物は、 他に身体に害があることはありますか?

実は、あるのです。

水素以外の抗酸化物は、活性酸素を抗酸化(還元)した後に、抗酸化物自体が“酸化物”になって、人体に悪影響を及ぼすリスクが発生してしまうのです。

一方、水素は悪玉活性酸素を抗酸化(還元)する際に水素自体が悪玉活性酸素とつながり、“水”となるため、人体への悪影響はないのです。

それ故、水素は、しっかり働き、後に何も残さない優秀な気体と言われるのです。

ただし、抗酸化物は作用するポイントが異なるため、高濃度ビタミンCと水素を併用しガン治療に応用する等の水素と他の抗酸化物併用した研究が進んでおります。

関連記事

返信する

Your email address will not be published.